本に愛着を持たれる方は非常に多いかと思います。昔読んだ本をもう一度読み返し、読んだ当時の思い出にしばし浸るということも、読書の楽しみの一つですね。しかし、収納スペースの都合などで、どうしても本があふれかえってしまうという局面を迎えることもあるかもしれません。『本は捨てたくないが、収納スペースはもう無い』と考え、断腸の思いで本の処分を決めたという経験も、もしかしたらおありかもしれません。ですが、どうせ処分しなければいけないのならば、ただゴミとして捨てるのではなく、他の人達に読んでもらえるような処分を考えてみましょう。

手っ取り早いのはご家族ご友人に本を譲り渡すという方法ですが、収納スペースの問題で処分ということですと、ご家族に譲るのは難しそうですし、ご友人に譲るとしても、好みが合わなければ受け取ってはもらえませんし、無理に押し付けるというのも好ましくありません。では、自分で売りさばくという方法はどうでしょうか。これも、商売のノウハウが無ければなかなか上手くいきそうにありません。それなら、他にどんな方法があるでしょうか。そんな時は、古本買取を検討してみましょう。つまり、古本屋に買い取ってもらうということです。古本屋は中古の本が売り物ですから、積極的に古本買取を行なっています。やむなく処分を考えている人と、商品の仕入れを求める古本屋の双方が得をする、理想的な手段です。しかし、ここで問題が発生します。それは、本の査定です。

数冊の本であれば自分で古本屋に持参して査定を受ければいいのですが、数十冊数百冊単位になりますと、なかなか自分で運んで査定を受けるというのが難しくなります。では、どうすればいいのでしょうか。古紙回収に出してしまうしかないのでしょうか。そんなことはありません。せっかくの本をそのまま捨ててしまうのはもったいないことです。そんな時こそ、出張査定の出番です。これは、古本屋がご自宅までやってきて本の査定を行なうという仕組みです。また、大抵の場合査定だけではなく、その場で古本買取成立となればそのまま古本屋がたくさんの本を運び出してくれます。もちろん、買取価格が納得できないと言った場合は売却を拒否することも可能です。『どうしても古本買取をしてもらいたいが、たくさん本がありすぎて運べない』『もう古紙回収に出すしかない』とお考えになった時は、是非是非出張査定をご検討下さい。収納も読書生活も楽しくなること請け合いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*